SEO対策後の変化

正しく SEO 対策を行うと、以下のような変化が起こります。

  • ランデイングページの変化
  • ユーザーの性質の変化
  • •検索キーワードの多機化

正しい SEO対策を行うと、アクセスのランディングページ(ユ ーザーが最初に表示するサイトの入り口となるページ)が少し変わってくることが実感できます。
検索エンジン経由の導線(対策後) キーワー ドごとの二ーズに合った ページヘ直接流入する。ニーズが明確なだけにコンバージョンレートも高い傾向にある。

さまざまなサイトをコンサルティングしたり、アクセス解析したりしてきた経験上、 SEO対策前の従来のユーザートラフイックはおおよそ 7割以上がトップページからアクセスしてきますが、 SEO対策を行うと、キーワードを設定した各ベー
トップページ以外の下層ページに直接ジへ検索エンジンが誘導してくれるため、
トップユーザーがアクセスするようになります。大まかな割合でいうと、トップページと下層ページの割合が、 SEO 対策前では 7:3 程度ですが、それが 4:6程度まで変化します。
検索エンジンから下層のページへ直接来訪するユーザーと今までトップページに来訪していたユーザーとの性質が少し異なっている、という点も特徴の 1つです。
今までトップページへ来ていたユーザーは、サイト名や URL を知っている傾向が強いのですが、検索エンジン経由で訪れたユーザーは「キーワード」を基にサイトへ連れて来られたため、そのサイトがどんなサイトなのかが分かっていないこと
が多い傾向にあります。 SEOとはそのような潜在的な顧客を獲得するというマーケティング手法でもあるので、対策の結果としては正しいものになりますが、その次にそういったユーザーがサイトに訪れた際に直帰しないようにする必要性も出てきます。来訪後のページの最適化は、 LPO (Landing Page Optimization) という別のマーケテイング手法が存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です