IP分散について

IPアドレスとはインターネットに接続されているサーバを識別するために、各サーバに割り振られる数字列(例・ 123.45.678.90)のことで、ドメイン名はそのIP アドレスを文字列に置き換えたものです(例:example.com)。
これらは、いわばインターネット網における住所や電話番号のようなものです。
「example.com = 123.45.678.90」というように、基本的にドメインごとに一対ーの関係でIPアドレスが存在することで、サーバの場所を特定でき、Webサイトにアクセスできるのです。

Webサイトの評価は、有益かどうかが重要なのであって、単純に被リンク数が多ければ高評価になるわけではありません。
被リンクの評価も「数」よりも「質」が重視されるようになってきているので、IP分散で質の悪いたくさんの被リンクを得たとしても、リンク元のWebサイト自体が有益なWebサイトでなければ、評価が高まることはないでしょう 。
したが って、IP分散の効果は、同じサーバから被リンクを受けて評価を下げたり、スパム行為として判定されることを回避できることが最大の効果だと考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です