EO対策「サイト設計」の登竜門

SEO対策において、「サイト設計」は、抜け目なく行わなくてはならない要素です。どれだけ、人々が感嘆するようなWebページを作成したとしても、そのWebページやWebサイトのありかを、多くの人々に知ってもらわなくては意味を成さないからです。SEO用語やWeb用語などでは、「コンテンツを意識する」などと言った言い方をよく用いるようです。この「コンテンツを意識する」という表現は、先に述べました「サイト設計」に関わってくるお話になります。コンテンツを意識する事で、どのような方向性で、「サイト設計」を行えば良いのかといったポイントが見えてきます。もちろん第一には、お客様にとって有意義な価値あるサイトづくりが必要なのですが、そのお客様目線とは異なり、「検索エンジン」サイドからみた価値あるサイトづくりというものが、「コンテンツを意識」したサイト設計の1つとして考えられています。「検索エンジン」サイドからみた価値あるサイトづくりとは、検索エンジンによる評価をきちんと得られるようなサイトづくりを目指さなくてはならないという意味合いなのです。そこには、いくつかのルールが存在し、そのルールを熟知した上で、検索エンジンによる正当な評価を得られるようなサイト設計を行う事で、多くのユーザーに、皆さんのサイトを周知する事ができ、さらには評価やらレスポンスを頂けるようになるといった、いわば検索エンジンによるサイト設計の評価は、Web界における登竜門的な要素を兼ね備えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です