自動化の範囲

業務自動化の範囲を決定する機能として「マクロ機能」というものがあるようです。これは、RPAなどのシステムと同じ様に「業務を自動化すること」が目的とされた機能と言えるでしょう。会社や企業の中に存在するいくつかのシステムの間にある情報やその処理過程などをまとめてくれるEAIや、それと同じように情報収拾や変換、加工といったものを担当するETLというのも、このマクロ機能を搭載しているようです。オフィスでは、よくExcelのマクロを使用しているところが多いようです。というのは、Excelのマクロと言うのはそもそもExcelに装備されている自動化機能とも言え、操作の対象となる範囲は、Excelか、連携可能なマイクロソフトのオフィスソフトウェアに限定されているようです。つまり、Webブラウザ内の操作を対象範囲にしたり、独自の企業システムなどを対象にしたりすることはできないようです。こういった場合、RPAであれば、その操作範囲が特定のアプリケーションであったり、独自のシステムであったりしても範囲を設定することができると言えるでしょう。多種多様なアプリケーションソフトに対応でき、それぞれのアプリケーションの間で連携することも可能とされているため、システムやアプリケーション間を横断して、より広範囲にわたる操作範囲を自動化の対象とすることができるようです。ここが、マクロとRPAの大きな違いと言え、RPAで対応可能な範囲はとても広いということが特長であり、メリットと言えるでしょう。また、自動化における開発過程も違い、Excelのマクロの開発には「VBA」と言うプログラミング言語が必要とされ、高いレベルが必要な処理の自動化においては、その専門知識の習得が必須と言えるでしょう。一方、RPAツールでは、特にそのような専門知識は必要なく、方法のみ覚えることができれば、いわゆる一般社員という立場でも管理できるような簡単な開発機能となっていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です