RPAのレベル

RPAロボットというのは、業務ないで適用可能とされる範囲や、対象となる業務の判断基準などにより、大きく4つのレベルに分けられているようです。レベル1のRPAロボットは、その名も「弱いRPA」などと呼ばれ、一つのアプリケーション、もしくはある一部のアプリケーション限定での自動化をするものと言えるでしょう。処理が可能な業務は簡易的なものが多く、操作範囲も狭いことから、基本中の基本というような作業が対象として導入されることが多いでしょう。レベル2は「強いRPA」と呼ばれ、適用できるアプリケーションはもちろん、プログラミング言語といったものを用い、入り組んだ業務の自動化への対応が可能と言えるでしょう。いくつかのアプリケーション間での業務を流れの一つとして自動化の対象とすることができ、繊細で難しいルール化などにも対応できると言えるでしょう。レベル3は「弱いCA/IPA」と呼ばれるもので、近年注目されているAI技術や、認知技術といったものを取り入れて業務の過程を自習したり、画像からの文字認識などが可能になったりと、自動化という点だけでなく、業務全体の範囲拡大が期待できると言われています。レベル4は「強いCA/ IPA」と呼ばれており、高いAI技術を導入したものと言えるでしょう。ディープラーニングと呼ばれる自主学習機能などを駆使し、多くの事象やケースから、判断の特徴などを学び、AIが判断し、RPAが処理を進めるといったような、人が判断しながら業務を遂行するのと同じように業務を自動化することが可能とされるレベルと言えるでしょう。今現在では、レベル2までの実現が可能となっており、レベル3に向けて急速に発展していると言えるでしょう。今後の技術進化によって、人の働き方は大きく変わっていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です