検索エンジンはロボット型が主流

検索エンジンは、いったいどうやって検索結果を出しているのでしょうか。簡単に言ってしまえばインターネット上に存在するリンクを昼夜休みなく巡回している“プログラム”がため込んだ膨大なWebサイトの“資料の索引”から検索する“言葉”を探し、一定の“手順&ルール”に沿ったものを“順位づけ”して表示している、ということなんです。ここで、「“ ”」で囲んだそれぞれの言葉を専門用語でいうと、“プログラム”は「クローラー(crawler)」、“資料の索引”を「インデックス(index)」、“手順&ルール”が「アルゴリズム(algorithm)」、“順位付け”は、検索エンジン各社の機密事項(ただし、Googleでは推奨項目を“Google’s Search Engine Optimization Starter Guide”として公表)で、この順位付けでの上位表示対策が「検索エンジン最適化」いわゆるSEO(Search Engine Optimization)となります。以上は、2種類の検索エンジンが存在する中で、Googleが採用している「ロボット型」について述べました。Googleのロボット型検索エンジンは、膨大な数のクローラーが、同時進行しており、更に種類も、特定のコンテンツに特化したものが動いています。ニュース用は“Googlebot-News”、画像用は“Googlebot-Image”、動画用は“Googlebot-Video”といった具合です。しかも、ロボット型と言われる通り、インターネット上の情報収集から検索結果に表示されるまでの処理のほとんどが、自動的に行われています。ただし、さすがに改善方法等の取り組みについては、人手に頼らざるを得ないところではありますが、それ以外の処理はほぼ自動化されています。ここまでやっているからこそ、検索キーワードを入力したとたん、検索結果が表示されるという、超離れ技をやってのけられるのでしょう。

ブログは内部リンクが作りやすい

いわゆるホームページ制作ソフトを使ったことがある人なら理解できると思いますが、サイト内部のリンク設定はかなり面倒な作業です。1ページ追加するだけでトップページやサイドメニュー、他のページからのリンクなど全てのリンクを貼り直す必要が発生します。しかも、ページ数に比例して作業量が等比級数的に増加しますので、記事を投稿するほど、更新頻度の低下やリンク切れなどのイージーミスの増加につながっていきます。詳しくは、SEO内部対策をご覧ください。しかし、ブログツールはそういったページ追加、作業時に発生するリンク設定問題から解放してくれます。ブログツールを使うと、最初に起因とリンク設定さえできていれば、記事を投稿するごとに適切なリンクが貼られたウェブページが生成されるのです。しかもトップページ、グローバルナビゲーション、再度メニューと、内部リンクを縦横無尽に張り巡らせて導線を確保したサイトを構築することも可能です。またサイト構築後でもウェブページの雛形であるテンプレートデザインを修正して再構築するだけでほぼ全自動でリンク修正が完了します。

さらにはプラグインの導入により、はてなキーワードのように文中のキーワードに対する内部リンクを生成することもできます。

このように簡単にミスなく内部リンクを張り巡らせることはSEOでは大きなメリットとなります。

heightプロパティで高さ w i d t hプロパティで幅を指定

各要素の高さ・幅は height • width プロパティで それぞれ指定することができます。設定で きる値は下表の長さを表す数値と単位の組み合 わせです。注意しなくてはいけないのは、 高さ、幅とはコンテント領域の高さ・幅であるということです。このことを理解 しておかないと、バディングやマージンを設定 したときに意図どおりに表示されないことがあります。

css ではテキストやインライン要素の左右の 位置揃えはtext-alignプロパティで指定します。位置揃えを設定したいテキス卜などのインライ ン要素が含まれるブロックレベル要素に、下表の値のいずれかを指定します。ここで「center」を指定して中央揃えにしています。

HTML には従来、中央に揃える center タグがありますが、これを使うのは現在の仕様では適切でないとされています。テキス卜やインライン要素の場合は、親要素のtext-align プロパティに 「center」を設定しますが、ブロックレベル要素の場合は左右のマージンに「auto」を指定して中央揃えにします。 Internet Explorerの場合、ブロックレベル要素の場合でもインライン要素の場合と同様に、text-align プロパティに center を指定しでも中央揃えになりますが、 IE以外のユーザーが想定される場合はマージンの指定で中央揃えにします。なお、IEの場合文書型宣言を行っていないと、左右のマージンに「auto」を設定しでも中央揃えにできません。

地道に着実に

SEO対策に「すぐアクセスアップ!すぐ儲かる!」という印象を抱いている人も少なくないだろうし、そうした宣伝文句を掲げる情報も少なからず存在する。確かに短期的に見ればある程度のテクニックで検索順の上位に表示させ、成果を得ることはできるかもしれない。 だがそれを継続的な効果に結びつけられるか?同じウェブサイト上で長期的に運用することを考えた場合に問題はないのか?というと、「ノー」と答えざるを得 ないのが現実だ。 こうした話を聞いて、 SEO対策に対して失望感を抱いた人もいるかもしれない。だが 多くの人が検索サービスを利用している現状、それを最大限に活用することは重要と いえるだろうし、努力すればチャンスがあるというのであれば、それを生かさない手 はない。 SEO対策は今や誰でも実施しているプロモーション手段であり、その敷居も決して高 いものではない。少しでも成果につなげたいというのであれば、実践する価値のある 手段だということは事実であろう。

共起語から本質テーマを検討

SEO(検索エンジン最適化)対策として、Webサイトのコンテンツ構築時に検索利用ユーザーの検索クエリ(検索欄に入力される言葉群)をよく検討しておくことが重要と言われています。最初に想定されるキーワードをスタートに、Google広告のキーワードプランナーなどを使って検索率の高い関連キーワードを調査したり、共起語(関連する語)などから本質的な検索意図を探ることも同様です。特に、共起語については、将来的に新たなコンテンツとして加えてもいいと考えられるような「潜在的」な意図を掴む手助けとなる場合があり、貴重な参考資料と言えるでしょう。ここでもう少し潜在的な意図と考えられそうなものをどのように探し当てるか想定キーワードで説明していきたいと思います。まず、ベースとなるキーワードとして「フットサル」を想定し話を進めたいと思います。このキーワードから派生する言葉に「個人参加」「初心者」「ジャージ」「サッカー」などが挙がってきます。そしてその共起語としてツールなどで調べると、「大会」、「受付」、「料金」、「募集」、「ショップ」、「登録」、「リンク」、「JFA」などが挙がってきます。この中で「個人参加」などは、どんな形で「フットサル」したいのかの「動機付け」とも考えられることに気付きます。同じように、「初心者」というテーマも新たに盛り込んで「フットサル」に紐づけていくと「ルール」であったり「攻め方守り方」といった競技方法へも展開が可能と言えるでしょう。あるいは、「フットサル」と「ジャージ」の間を考えると、購入したいので近くにどんな「ショップ」があるのか知りたいといった意図も読めてきます。このようなことは、共起語に限らず、ベースとなるキーワードから四方八方に展開されそうな項目をうまく捉えることにより、より一層のコンテンツ充実が図られていくでしょう。それは結果的に検索順位表示の上位に繋がっていくと言ってもいいかもしれません。

お客様の満足度を得られることが成果です

皆さんがウェブサイトを運営されている目的は、ユーザー獲得のためであるなどと、多くの方は語っていらっしゃいますが、ユーザー獲得は、もちろん必要ですが、あくまでも SEO などの集客はプ、ロセスであり、その先には、お客様満足度をご提供するといったような、コンバージョンが設置されているはずなのです。実際に、 Web サイトなどを利用して、ネットビジネスなどを開始すると、集客ばかりに追われてしまい、実際に、どんなことがビジネスの目的であったのか、何がビジネスの成功を示すのかと言ったことを、見失いがちになってしまうんですが、ネットビジネスにおいて、大変重要なことは、「お客様の満足度を高める」ということになります。SEOの観点からも、お客様の満足度を高めることは、更なる集客につながるなどとも考えられています。ウェブサイト内でのお客様からの声を大切にすることから、内部の既存のお客様に対して、さまざまなマーケティングを行い、商品の改善点や、また、ウェブサイト内の利便性などを、定期的に見直していく必要性もあるでしょう。お客様は集客するだけがすべてではなく、満足度ご提供できることが、何よりも皆さんにとっての成果につながっていくのです。

RPAのレベル

RPAロボットというのは、業務ないで適用可能とされる範囲や、対象となる業務の判断基準などにより、大きく4つのレベルに分けられているようです。レベル1のRPAロボットは、その名も「弱いRPA」などと呼ばれ、一つのアプリケーション、もしくはある一部のアプリケーション限定での自動化をするものと言えるでしょう。処理が可能な業務は簡易的なものが多く、操作範囲も狭いことから、基本中の基本というような作業が対象として導入されることが多いでしょう。レベル2は「強いRPA」と呼ばれ、適用できるアプリケーションはもちろん、プログラミング言語といったものを用い、入り組んだ業務の自動化への対応が可能と言えるでしょう。いくつかのアプリケーション間での業務を流れの一つとして自動化の対象とすることができ、繊細で難しいルール化などにも対応できると言えるでしょう。レベル3は「弱いCA/IPA」と呼ばれるもので、近年注目されているAI技術や、認知技術といったものを取り入れて業務の過程を自習したり、画像からの文字認識などが可能になったりと、自動化という点だけでなく、業務全体の範囲拡大が期待できると言われています。レベル4は「強いCA/ IPA」と呼ばれており、高いAI技術を導入したものと言えるでしょう。ディープラーニングと呼ばれる自主学習機能などを駆使し、多くの事象やケースから、判断の特徴などを学び、AIが判断し、RPAが処理を進めるといったような、人が判断しながら業務を遂行するのと同じように業務を自動化することが可能とされるレベルと言えるでしょう。今現在では、レベル2までの実現が可能となっており、レベル3に向けて急速に発展していると言えるでしょう。今後の技術進化によって、人の働き方は大きく変わっていくのではないでしょうか。

自動化の範囲

業務自動化の範囲を決定する機能として「マクロ機能」というものがあるようです。これは、RPAなどのシステムと同じ様に「業務を自動化すること」が目的とされた機能と言えるでしょう。会社や企業の中に存在するいくつかのシステムの間にある情報やその処理過程などをまとめてくれるEAIや、それと同じように情報収拾や変換、加工といったものを担当するETLというのも、このマクロ機能を搭載しているようです。オフィスでは、よくExcelのマクロを使用しているところが多いようです。というのは、Excelのマクロと言うのはそもそもExcelに装備されている自動化機能とも言え、操作の対象となる範囲は、Excelか、連携可能なマイクロソフトのオフィスソフトウェアに限定されているようです。つまり、Webブラウザ内の操作を対象範囲にしたり、独自の企業システムなどを対象にしたりすることはできないようです。こういった場合、RPAであれば、その操作範囲が特定のアプリケーションであったり、独自のシステムであったりしても範囲を設定することができると言えるでしょう。多種多様なアプリケーションソフトに対応でき、それぞれのアプリケーションの間で連携することも可能とされているため、システムやアプリケーション間を横断して、より広範囲にわたる操作範囲を自動化の対象とすることができるようです。ここが、マクロとRPAの大きな違いと言え、RPAで対応可能な範囲はとても広いということが特長であり、メリットと言えるでしょう。また、自動化における開発過程も違い、Excelのマクロの開発には「VBA」と言うプログラミング言語が必要とされ、高いレベルが必要な処理の自動化においては、その専門知識の習得が必須と言えるでしょう。一方、RPAツールでは、特にそのような専門知識は必要なく、方法のみ覚えることができれば、いわゆる一般社員という立場でも管理できるような簡単な開発機能となっていると言えるでしょう。

大手建機メーカーのAI導入例

建設機械メーカー大手企業へのAI導入の取り組みをご紹介します。小売・流通業、製造業へのAI導入事例同様、建設機械メーカーにとっても「AI導入が目的」ではなく、あくまでもその企業がめざす経営課題を実現するための一つのツールとしてAIが位置づけられていました。そこでAI活用の話に入る前に、建設業界を取り巻く状況、その企業のスマートコンストラクションの考えがなぜ出てきたのか、などについて先に触れたいと思います。AI導入に際し、建設業における経宮課題は何か、という点をまず考えていかなければなりません。建設業では近い将来、建設技能者が130万人不足する(1/3の不足に相当)と言われています。しかも建設業者の9割以上は年商6億円以下、従業員10名程度の中小企業との報告もあります。そうなると、「一人あたりの生産性をいかに上げていくか」が建設業界全体の喫緊の課題といえます。同社担当者によれば、「施工現場で実際に作業をされている方々の仕事の生産性を上げなければ建設労働者不足は補えない。何らかのサポートができるのではないか」と考えたといいます。

SEOのリスク

 SEO 対策においては、何よりも「キーワード」を選択することが重要であるなどとも言われていますが、そこには、重要なリサーチ対象としてのライバルの存在があります。実際に、皆さんが、設定を考えているキーワードに対して、ライバルが強敵であるということになると、そこには太刀打ちできないような難関が待っているかもしれません。逆に、ライバルの少ないキーワードを設定することも可能ですが、さらに難題として、集客数が0、もしくは少なすぎるなどといったような問題を抱えていることもあるのです。そのような多種多様なリスクを抱えながら行なっていくのが、SEO対策であるのですが、そのようなリスクを回避するためにも、経験豊富な専門業者などのアドバイスを頼ることも良いでしょう。また、個人的に対策を行っていきたいという方に関しては、外部コンサルタントなどといった形で、の支援を受けることなどもリスクを回避する手段となってくるのではないでしょうか。