RPAのレベル

RPAロボットというのは、業務ないで適用可能とされる範囲や、対象となる業務の判断基準などにより、大きく4つのレベルに分けられているようです。レベル1のRPAロボットは、その名も「弱いRPA」などと呼ばれ、一つのアプリケーション、もしくはある一部のアプリケーション限定での自動化をするものと言えるでしょう。処理が可能な業務は簡易的なものが多く、操作範囲も狭いことから、基本中の基本というような作業が対象として導入されることが多いでしょう。レベル2は「強いRPA」と呼ばれ、適用できるアプリケーションはもちろん、プログラミング言語といったものを用い、入り組んだ業務の自動化への対応が可能と言えるでしょう。いくつかのアプリケーション間での業務を流れの一つとして自動化の対象とすることができ、繊細で難しいルール化などにも対応できると言えるでしょう。レベル3は「弱いCA/IPA」と呼ばれるもので、近年注目されているAI技術や、認知技術といったものを取り入れて業務の過程を自習したり、画像からの文字認識などが可能になったりと、自動化という点だけでなく、業務全体の範囲拡大が期待できると言われています。レベル4は「強いCA/ IPA」と呼ばれており、高いAI技術を導入したものと言えるでしょう。ディープラーニングと呼ばれる自主学習機能などを駆使し、多くの事象やケースから、判断の特徴などを学び、AIが判断し、RPAが処理を進めるといったような、人が判断しながら業務を遂行するのと同じように業務を自動化することが可能とされるレベルと言えるでしょう。今現在では、レベル2までの実現が可能となっており、レベル3に向けて急速に発展していると言えるでしょう。今後の技術進化によって、人の働き方は大きく変わっていくのではないでしょうか。

自動化の範囲

業務自動化の範囲を決定する機能として「マクロ機能」というものがあるようです。これは、RPAなどのシステムと同じ様に「業務を自動化すること」が目的とされた機能と言えるでしょう。会社や企業の中に存在するいくつかのシステムの間にある情報やその処理過程などをまとめてくれるEAIや、それと同じように情報収拾や変換、加工といったものを担当するETLというのも、このマクロ機能を搭載しているようです。オフィスでは、よくExcelのマクロを使用しているところが多いようです。というのは、Excelのマクロと言うのはそもそもExcelに装備されている自動化機能とも言え、操作の対象となる範囲は、Excelか、連携可能なマイクロソフトのオフィスソフトウェアに限定されているようです。つまり、Webブラウザ内の操作を対象範囲にしたり、独自の企業システムなどを対象にしたりすることはできないようです。こういった場合、RPAであれば、その操作範囲が特定のアプリケーションであったり、独自のシステムであったりしても範囲を設定することができると言えるでしょう。多種多様なアプリケーションソフトに対応でき、それぞれのアプリケーションの間で連携することも可能とされているため、システムやアプリケーション間を横断して、より広範囲にわたる操作範囲を自動化の対象とすることができるようです。ここが、マクロとRPAの大きな違いと言え、RPAで対応可能な範囲はとても広いということが特長であり、メリットと言えるでしょう。また、自動化における開発過程も違い、Excelのマクロの開発には「VBA」と言うプログラミング言語が必要とされ、高いレベルが必要な処理の自動化においては、その専門知識の習得が必須と言えるでしょう。一方、RPAツールでは、特にそのような専門知識は必要なく、方法のみ覚えることができれば、いわゆる一般社員という立場でも管理できるような簡単な開発機能となっていると言えるでしょう。

大手建機メーカーのAI導入例

建設機械メーカー大手企業へのAI導入の取り組みをご紹介します。小売・流通業、製造業へのAI導入事例同様、建設機械メーカーにとっても「AI導入が目的」ではなく、あくまでもその企業がめざす経営課題を実現するための一つのツールとしてAIが位置づけられていました。そこでAI活用の話に入る前に、建設業界を取り巻く状況、その企業のスマートコンストラクションの考えがなぜ出てきたのか、などについて先に触れたいと思います。AI導入に際し、建設業における経宮課題は何か、という点をまず考えていかなければなりません。建設業では近い将来、建設技能者が130万人不足する(1/3の不足に相当)と言われています。しかも建設業者の9割以上は年商6億円以下、従業員10名程度の中小企業との報告もあります。そうなると、「一人あたりの生産性をいかに上げていくか」が建設業界全体の喫緊の課題といえます。同社担当者によれば、「施工現場で実際に作業をされている方々の仕事の生産性を上げなければ建設労働者不足は補えない。何らかのサポートができるのではないか」と考えたといいます。

SEOのリスク

 SEO 対策においては、何よりも「キーワード」を選択することが重要であるなどとも言われていますが、そこには、重要なリサーチ対象としてのライバルの存在があります。実際に、皆さんが、設定を考えているキーワードに対して、ライバルが強敵であるということになると、そこには太刀打ちできないような難関が待っているかもしれません。逆に、ライバルの少ないキーワードを設定することも可能ですが、さらに難題として、集客数が0、もしくは少なすぎるなどといったような問題を抱えていることもあるのです。そのような多種多様なリスクを抱えながら行なっていくのが、SEO対策であるのですが、そのようなリスクを回避するためにも、経験豊富な専門業者などのアドバイスを頼ることも良いでしょう。また、個人的に対策を行っていきたいという方に関しては、外部コンサルタントなどといった形で、の支援を受けることなどもリスクを回避する手段となってくるのではないでしょうか。

EO対策「サイト設計」の登竜門

SEO対策において、「サイト設計」は、抜け目なく行わなくてはならない要素です。どれだけ、人々が感嘆するようなWebページを作成したとしても、そのWebページやWebサイトのありかを、多くの人々に知ってもらわなくては意味を成さないからです。SEO用語やWeb用語などでは、「コンテンツを意識する」などと言った言い方をよく用いるようです。この「コンテンツを意識する」という表現は、先に述べました「サイト設計」に関わってくるお話になります。コンテンツを意識する事で、どのような方向性で、「サイト設計」を行えば良いのかといったポイントが見えてきます。もちろん第一には、お客様にとって有意義な価値あるサイトづくりが必要なのですが、そのお客様目線とは異なり、「検索エンジン」サイドからみた価値あるサイトづくりというものが、「コンテンツを意識」したサイト設計の1つとして考えられています。「検索エンジン」サイドからみた価値あるサイトづくりとは、検索エンジンによる評価をきちんと得られるようなサイトづくりを目指さなくてはならないという意味合いなのです。そこには、いくつかのルールが存在し、そのルールを熟知した上で、検索エンジンによる正当な評価を得られるようなサイト設計を行う事で、多くのユーザーに、皆さんのサイトを周知する事ができ、さらには評価やらレスポンスを頂けるようになるといった、いわば検索エンジンによるサイト設計の評価は、Web界における登竜門的な要素を兼ね備えているのです。

PC用とスマホ用サイトの差別化

パソコンの専用ページと、スマートフォンの専用ページといったように、それぞれに別のURLを作成しているサイト構成の場合、サイト内のコンテンツというのは、ほとんど同じという現象が起こるのではないでしょうか。意識的に重複させているわけでもないのに、同様のコンテンツになってしまったページと言ったものも必然的に多くなってしまうのが、このパターンと言えるでしょう。この場合、検索エンジンの評価を下げてしまわないよう、アノテーションという設定を行うべきといえるでしょう。これを活用し、デバイス毎にページが用意されているということを検索エンジンに伝えれば、過去の間違ったSEOのようなページ評価になること無く、安心してサイト作りに臨めると言えるでしょう。スマートフォンページでの設定については、パソコン用ページとは多少異なるため、また別に調べておく必要があると言えるでしょう。

IP分散についてその2

Webサイトを運営する際、レンタルサーバサービスを利用することが一般的です。
レンタルサーバでは、バーチャルホストという仕組みを採用しているので、1台のサーバ(ひとつのIPアドレス)に対して複数のドメインを割り当てています。
しかし、1台のサーバにひとつのIPアドレスしか割り当てられていない場合に、検索サイトは1台のサーバを使っているたくさんのユーザを同一人物としてみなし、一人のユーザーと受け取ってしまいます。また、共有サービスではなく、サーバ1台を専有する専用サーバサービスを利用した場合でも、バーチャルホストを使っていれば同一人物とみなされてしまいます。
そうなると 、1台のサーバで複数のWebサイトを運営していて、そのWebサイト同士をリンクさせている場合、被リンクの恩恵を受けることができません。
そこで生まれたのが、「lP分散」という手法です。サーバを特定しているのが、IPアドレスなのであれば、IPアドレスを変えればよいという発想です。
IPアドレスは、例で挙げた「123.45.678.90」を分解してみると、123をA、45をB、678をC、90をDというように、4つのクラスに分かれています。

IP分散について

IPアドレスとはインターネットに接続されているサーバを識別するために、各サーバに割り振られる数字列(例・ 123.45.678.90)のことで、ドメイン名はそのIP アドレスを文字列に置き換えたものです(例:example.com)。
これらは、いわばインターネット網における住所や電話番号のようなものです。
「example.com = 123.45.678.90」というように、基本的にドメインごとに一対ーの関係でIPアドレスが存在することで、サーバの場所を特定でき、Webサイトにアクセスできるのです。

Webサイトの評価は、有益かどうかが重要なのであって、単純に被リンク数が多ければ高評価になるわけではありません。
被リンクの評価も「数」よりも「質」が重視されるようになってきているので、IP分散で質の悪いたくさんの被リンクを得たとしても、リンク元のWebサイト自体が有益なWebサイトでなければ、評価が高まることはないでしょう 。
したが って、IP分散の効果は、同じサーバから被リンクを受けて評価を下げたり、スパム行為として判定されることを回避できることが最大の効果だと考えてください。

商品やサービスと関連性の高いキーワードを見つける

キーワードプランナーでは、あなたの商品やサービスと関連性の高いキーワードや、キーワードの組み合わせを見つけることも可能です。
これにはキーワードプランナーの「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリーを使用して新しいキーワードを検索」を使います。
「宣伝する商品やサービス」に、あなたが扱っている商品やサービス、または検索キーワードを記入して「候補を取得」をクリックしてみましょう。月間平均検索ボリュームだけでなく、キーワードの候補が関連性の高い順に表示され
ます。
ここに表示されたキーワードはGoogle側が、効果が高いと想定されるキーワードを提案してくれているので、あなたのwebページjやwebサイトで上位表示を目指す検索キーワードに取り入れるとよいでしょう。
また、単語1つだけでなく、複数の単語を組み合わせた検索キーワードの数値も調べることができるので、思い付く検索キーワー ドを、どんどん調べてみましょう。

WordPress-SEOの5つのKPI

Googleウェブマスターツールの5つの指標をKPIに設定し、Word Pressの関数とプラグインを活用して、簡単に、効果的に改善を目指します。

○5つの指標をKPIに設定する

SEOの目標を問われると、「検索順位」を考えてしまいます。しかし、検索上 位を目指すのであれば、まずは Googleウェブマスターツールの5つの指標について、それぞれのKPIを設定することから始めましょう。コンテンツが乏しいウェブサイト、目標キーワー ドとGoogleの認識がかけ離れているウェブサ イトなどは、検索順位を目標にしても達成できる見込みはありません。SEOの打ち手が確実に反映される、内部要素の改善から始めましょう。Googleウェブマスターツールの5つの指標は、以下の通りです。

① コンテンツキーワード

②サイトへのリンク

③ インデックスステータス

④ 内部リンク

HTMLの改善

 WordPressrに用意された関数やプラグインを活用すれば、手間をかけずに Googleウェブマスターツールの5つの指標を改善することができます。

 ①コンテンツキーワード、②サイトへのリンクは外部ツールの活用で、③インデックスステータス、④内部リンク、⑤HTMLの改善は、テンプレー トの作り方とプラグインの活用で、それぞれ改善を行います。