IP分散についてその2

Webサイトを運営する際、レンタルサーバサービスを利用することが一般的です。
レンタルサーバでは、バーチャルホストという仕組みを採用しているので、1台のサーバ(ひとつのIPアドレス)に対して複数のドメインを割り当てています。
しかし、1台のサーバにひとつのIPアドレスしか割り当てられていない場合に、検索サイトは1台のサーバを使っているたくさんのユーザを同一人物としてみなし、一人のユーザーと受け取ってしまいます。また、共有サービスではなく、サーバ1台を専有する専用サーバサービスを利用した場合でも、バーチャルホストを使っていれば同一人物とみなされてしまいます。
そうなると 、1台のサーバで複数のWebサイトを運営していて、そのWebサイト同士をリンクさせている場合、被リンクの恩恵を受けることができません。
そこで生まれたのが、「lP分散」という手法です。サーバを特定しているのが、IPアドレスなのであれば、IPアドレスを変えればよいという発想です。
IPアドレスは、例で挙げた「123.45.678.90」を分解してみると、123をA、45をB、678をC、90をDというように、4つのクラスに分かれています。

IP分散について

IPアドレスとはインターネットに接続されているサーバを識別するために、各サーバに割り振られる数字列(例・ 123.45.678.90)のことで、ドメイン名はそのIP アドレスを文字列に置き換えたものです(例:example.com)。
これらは、いわばインターネット網における住所や電話番号のようなものです。
「example.com = 123.45.678.90」というように、基本的にドメインごとに一対ーの関係でIPアドレスが存在することで、サーバの場所を特定でき、Webサイトにアクセスできるのです。

Webサイトの評価は、有益かどうかが重要なのであって、単純に被リンク数が多ければ高評価になるわけではありません。
被リンクの評価も「数」よりも「質」が重視されるようになってきているので、IP分散で質の悪いたくさんの被リンクを得たとしても、リンク元のWebサイト自体が有益なWebサイトでなければ、評価が高まることはないでしょう 。
したが って、IP分散の効果は、同じサーバから被リンクを受けて評価を下げたり、スパム行為として判定されることを回避できることが最大の効果だと考えてください。

商品やサービスと関連性の高いキーワードを見つける

キーワードプランナーでは、あなたの商品やサービスと関連性の高いキーワードや、キーワードの組み合わせを見つけることも可能です。
これにはキーワードプランナーの「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリーを使用して新しいキーワードを検索」を使います。
「宣伝する商品やサービス」に、あなたが扱っている商品やサービス、または検索キーワードを記入して「候補を取得」をクリックしてみましょう。月間平均検索ボリュームだけでなく、キーワードの候補が関連性の高い順に表示され
ます。
ここに表示されたキーワードはGoogle側が、効果が高いと想定されるキーワードを提案してくれているので、あなたのwebページjやwebサイトで上位表示を目指す検索キーワードに取り入れるとよいでしょう。
また、単語1つだけでなく、複数の単語を組み合わせた検索キーワードの数値も調べることができるので、思い付く検索キーワー ドを、どんどん調べてみましょう。

検索結果の表示画面

検索結果の表示には、いくつか決まりごとがあります。たとえばGoogle検索結果には1つのwebサイト(同一のURL)からは最大3つまでしかwebページが表示されません。表示されるwebページのタイトルも32文字を目安に、それ以降の文字は省略されます。また、検索結果で1つのページに表示されるwebページの数は10個まで、それ以降は次の検索結果ページ (2 ページ目以降)に表示されます。 なお、検索結果のページには、オーガニックな(広告ではない)検索結果以外に、広告が表示される部分があります。広告表示スペースにwebページを表示するには、費用を支払う必要があります。SEOは広告の表示スペースではない、オーガニックな検索結果の部分において、より上部に表示されることを目標に取り組んでいきます。
ほかにも、検索している内容や検索している人の過去の検索履歴、閲覧履歴、位置情報などによっても、検索結果が変わります。たとえば東京駅周辺で「整体院」を探したときに、北海道や沖縄にある整体院のwebページが1ページ目に表示されることはほとんどありません。また過去に閲覧したことのあるwebページがある場合、そのWebページがより上位に表示されます。

WordPress-SEOの5つのKPI

Googleウェブマスターツールの5つの指標をKPIに設定し、Word Pressの関数とプラグインを活用して、簡単に、効果的に改善を目指します。

○5つの指標をKPIに設定する

SEOの目標を問われると、「検索順位」を考えてしまいます。しかし、検索上 位を目指すのであれば、まずは Googleウェブマスターツールの5つの指標について、それぞれのKPIを設定することから始めましょう。コンテンツが乏しいウェブサイト、目標キーワー ドとGoogleの認識がかけ離れているウェブサ イトなどは、検索順位を目標にしても達成できる見込みはありません。SEOの打ち手が確実に反映される、内部要素の改善から始めましょう。Googleウェブマスターツールの5つの指標は、以下の通りです。

① コンテンツキーワード

②サイトへのリンク

③ インデックスステータス

④ 内部リンク

HTMLの改善

 WordPressrに用意された関数やプラグインを活用すれば、手間をかけずに Googleウェブマスターツールの5つの指標を改善することができます。

 ①コンテンツキーワード、②サイトへのリンクは外部ツールの活用で、③インデックスステータス、④内部リンク、⑤HTMLの改善は、テンプレー トの作り方とプラグインの活用で、それぞれ改善を行います。

外部要素とはいかなるものか

レンタルビデオを借りにいった時、庖員さんに 「アクション系でお勧 めの映画は?Jと聞くと、「この映画が、今人気があります」などと教えてくれます。なぜ庖員さんは、数あるアクション映画の中から、即座にお勧めの映画を紹介できるのでしょうか? それは、普段から色々な映画を見ていて、暗記しているためです。
検索エンジンの仕組みは、これと似ています。つまり、検索エンジ ンの「ロボット(クロ ーラーとも いう)」が、日々、色々なブログ・ホームページを見ていて、|暗記しているのです。だからこそ、例えば
「エステ 」な どと検索をかける と、色 々な エステに関するブログ・ホームペ ージが検索結果に出てくるのです。
なお、ロボッ トが色々なブログ・ホームページを見ることを「クロール」といい、 ロボットの脳である「データベース」に暗記することを「イン デックス 」 といい ます 。SEOは内部対策だけでは不十分です。どんなにしっかりキーワードを埋め込んだ記事を書いて も、それを公開するだけでは、検索エンジンのロボットにクロールされないこともあるからです。また、無事にクロールされても、インデックスまで至らないことがあります。そうすると、当然、検索結果に自分のブログは出てきません。
つまり、ロボットに自分のブログをクロールしてもらって、インデックスしてもらうことが重要といえます。そして、クロールとインデックスをしてもらうには、リンクという「ロボットが訪れるための道」をたくさん用意することが重要です。
この「外部からの道」を用意するためのテクニックを、「内部要素対策」に対して「外部要素対策」と呼びます。

見切りをつける

ペナルティを受けてそこからなかなか脱出できない場合や、さまざまなSEO施 策を行っても順位が上がらない場合は、 一旦あきらめてください。
ヤフ ーはそのうち元に戻る可能性がありますが、それを期待してじっと待っているのは時間の浪費になります。そのときは別サイ トを作成しましょう。
仮にそのサイトが元に戻っても、それがまたいつ再び下がるかわかりません。ス パム判定を受けたのを逆に1つのチャンスと捉えて、第2、第3のサイトを作成する ことを考えるべきです。
サイト作成は以前と比べると非常に安価にできるようになりました。かつてはサイト作成費用とサーバ 維持費、更新費用込みで月 間5万円の5 年契約などが当たり前にありました。
しか し、現在ではウェブ制作会社の過当競争や便利なフリ ーソフ トの出現によって、かつてとは比較にならないほど安く制作できます。そもそも検索エンジンというのは不安定なものです。ヤフ一、グーグルという民間企業が行っている順位付けルールによって運営されているものです。それが大幅に変わろうが、極端な話、消えてしまおうが私たちは文句をいえない立場にありま す。 是非とも 1 つのサイト の順位に悩み続けるのではなく、フッ トワークを軽くして 第2、第3のサイ トを持つように頭を切り替えてください。順位が落ちて頭を抱えてしまうような状況が、む しろ大きく前進できるチャンスです !

ページを分割する

コンテンツ内の文字の量が増えてしまったら、ステッブごとにぺ一ジを分割すると、よりわかりやすいページになることがあります。

例えば、手作りピザの作り方を解説するページを作るとします。短くまとめれば 1ページで解説できますが、こだわりが多く、おいしく作るコツやポイントを紹介したい場合は、ステッブによってページを分割します。

ステップごとに複数の画像を使い、細かい解説や注意なども入れていくと、魅力的なコンテンツを作ることができます 。

また、YouTubeなどの動画を配置する場合、「自分のサイトからアクセスが流れる可能性がある 」「自 分 の サ イト か ら 一 方 的 に リ ン ク を 張 る 」というデメリッ卜があります。これを避けるためには、自分が契約しているサーバー内で動画を管理する必要があります。技術的 ・管理的な面でハード ルは高くなりますが、動画を配置するなら対策しておきたいところです。

ホームページ作成に必要なもの

ホームページ作成に必要なものはそうたくさんはありません。インターネットに接続 し た パソコンがあれば 、 基本的にはOKです。 HTMLを直接、テキス卜エディタを 使って記述する方法を説明します。基本的には Windowsの「メモ帳、Mac05XTextEdit など 05に付属するもので十分です。ホームペー ジ作成専用のソフトを使えば、直感的な操作で ホームページの外観を作成すると、自動的に HTMLが記述されますが、ここでは取り上げません。ホームページ作成ソフトを使う場合でも、 HTMLC55の知識があれば細かい修正が可 能になりますので、覚えておいて損はないでしょう。 作成したホームページが意図どおりにできているかどうかはサーバーに転送する前にパソコン上で確認します。確認 には WindowsInternetExplorerMac05Xsafariなど標準でインストールされているブラウザを使います。 コンピュータに置く必要があります。すでにイ ンターネットを閲覧するためにプロバイダと契約されていると思います。サーバーはこれらプロバイダが用意しているものを使うのが簡単 です。ホームページを作成したパソコンから Webサーバーへはネットワークを介してファイルを転送します。

タイの SEO SEM

タイのネット市場

タイのネットユーザーは1,647万人で、普及率は23.7%です。オンライン広告も広告市場全体の2.1%程度なので、オンライン市場の発達はまだまだこれからといえるでしょう。

タイの検索連動型広告

検索エンジンは、Googleが99%と非常に高いシェアを獲得しています。BingやYahoo! は1%以下のシェアしか持っていません。

そのため、Google AdWordsを活用すれば、ほぼすべての検索エンジンユーザーにリーチすることができます。キーワードや広告文を立案する際は、できる限りネイテイブのスタッフに依頼することをおすすめします。

タイのSEO対策

タイではまだ、企業のウェブマーケテイングとしてSEO対策が必要だという認識があまりありません。そのため、タイ特有の対策はこれといってありません。日本で行うGoogleのSEO対策を参考にしてください。

そういった背景から、被リンク対策には苦労するようです。ただし、別の視点から見れば、市場が成熟しておらず競合が少ないとも言えるので、いち早く対策を行うことで先行者利益を期待することができるでしょう。

以下の検索エンジンディレクトリへの登録をおすすめします。